怒ってるのよ!

「今日は館主に、地下室での待遇で一言いいたいことがあります!
絵を描いているだけのあなたはいいでしょうけれど、私たちの苦労も少しは考えなさい!(怒)」
「新作のたびにひどい目に会わされて・・・あのような屈辱、がまんなりませんわ(むすっ)」
「あ、あの、お二人ともどうか落ち着いて・・・(おろおろ)」

ひらり

「あら、この落ちた紙はいったい・・・・っ!!」
「シスター、いったいどうなさいました・・・きゃっ]
「こ、これは、地下室用の新しい絵の下書き・・・それも私が描かれている・・・・(ふるふる)」

「ああっ、神官戦士様、落ち着いて落ち着いてください!」

「おおのれーっ!不浄なる輩、私がこの手で成敗してくれるっ!
食らえ、神槌!てやああぁぁっ!!(ざしゅっ)」
「ご助力いたしますわっ!
女王警護軍、アーリット駐留野戦軍、突撃!(「フラー!!」どどどどど・・・)」
「ああ、神よ・・・(^^;」


戻る